社会人になり実家を出て早3年。

年に2,3回実家に帰ると、飼っている犬が尻尾を振って私を迎え入れてくれます。

それが帰省の楽しみのひとつでもありました。

先日も、いつものように愛犬と会うのを楽しみに実家に帰ったのですが・・・

出迎えた愛犬の様子がいつもと違います。

いつもならば尻尾を振って私に飛び掛かってくるのに、

この時は私に向かって牙を剥きだして吠えてきたのです

もともと少し憶病な性格なので、見知らぬ人にはよく吠えるのですが、

私に向かって吠える事は今まで一度もありませんでした。

まさか、私の事、忘れちゃったの・・・?

私は悲しい気持ちになり、実家へ足を踏み入れました。

 

家族は温かく迎え入れてくれましたが、

愛犬だけはいつまでもずっと吠える事を止めませんでした。

 

両親がなだめても、怯えるように、威嚇するように、私に向かって吠え続けます。

「本当に忘れちゃったなんて事、あるかねぇ・・・」

母が心配そうにそう呟きました。

私は、どうにか愛犬に私の事を思い出させようと、

かがんで目を合わせて説得しようとしました。

しかし、愛犬は狂ったように吠え続け、私から逃げまどいます。

私とは決して目を合わせてくれません。

ふと、私は、愛犬の視線が私自身ではなく、私の少し後方に向いている事に気付きました。

その瞬間、何かゾワッとするような悪寒が背筋に走ったのです。

「ねぇ、私の後ろに向かって吠えてるような気がするんだけど・・・」

おそるおそる両親に言ってみると「まさか・・・」と

言いながらも「犬や猫は人には見えないものが見えるって言うからね・・・」と、

心配そうにそう呟き、何やらインターネットで検索しはじめました。

そして両親は近所の霊媒師さんを探し当て「今すぐ行ってこい」と私に勧めました。

私は半信半疑でその霊媒師さんの元へと急ぎました。

到着して、霊媒師さんとお会いした瞬間、

霊媒師さんの眼が大きく見開かれたのを、私は見逃しませんでした。

 

「ちょ・・・あなた・・・」

 

霊媒師さんはそう言うと、テキパキと除霊の準備を始め、

有無を言わさず私を目の前に座らせ、何やら呪文のようなものを唱えだしました。

 

そして、ひと通りの儀式が終わった後、私にお札を手渡し

「これを持ち帰って家に貼りなさい」と言いました。

 

私に何がついていたのか聞いてみると、とても強い悪霊が憑りついていて、

強い憎悪をもった思念を感じた、と教えてくれました。

「なぜあなたに憑りついたのかは分からないけれど・・・どこか行ったりした?」

と聞かれましたが、身に覚えはありませんでした。

私はお札を持ち帰り、実家の玄関に貼り付けました。

玄関を開けて家の中に入ると、家を出るまであれほど吠えていた愛犬が、

憑き物が落ちたように尻尾を振って甘えてきたのです。

 

やはり愛犬には見えていたのでしょうか。

 

ほっとすると同時に、自分に何かが憑りついていたという事がほぼ確信になり、ゾッとしました。

 

その後、実家から帰る時にはお札も一緒に持ち帰り、自宅の玄関に貼っています。

私に憑いていたものが実家に押し入ったりはしないかと不安に思い、

何度か電話で変な様子が無いか確かめてみましたが、

あれから愛犬が異常な吠え方をする事はないとの事です。

 

そんなある日、両親が旅行で家を空ける事になり、

一時的に私が住んでいる家で愛犬を預かる事になりました。

私は実家で起こったあの一件などすっかり忘れかけていたのですが、

愛犬が我が家に到着した途端、玄関に向かって吠えだしたのです。

ハッとして愛犬が睨んでいる方を見ると、

あのお札が少しだけ剥がれかけているのが目に入りました。

 

あわててお札を貼りなおすと、愛犬はしばらく威嚇するように唸った後、静かになりました。

 

私に憑いていたものは、まだ虎視眈々と私に憑りつく隙を狙っているのでしょうか・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事